合コンの受ける話し方のコツについて

話の仕方の問題点は?

せっかくセッティングした合コンで盛り上がらなかったら残念ですよね。
合コンでネタ話を披露するときに、「これはやっちゃいけない」というポイントが幾つかあります。
ネタ話が危険なのは、面白い話をしないよりもウケなかったときに被害のほうが大きいということ。
「これはやっちゃいけない」というものを幾つか挙げてみましょう。

 

「こないだ面白いことがあってさ」

友人で「こないだ傑作やったのがね」といって話しだす男子がいます。
大概が面白く無いのでその度に「ほんとに傑作なんだろうね。傑作じゃなかったら怒るよ!」というのですが「これはマジ傑作」と言って話しだす。
面白かったことがないわけです。
自分で「面白い話をするよ」とハードルを上げていることから、少々の話をしてもウケないということに気がついていません。
途中自分でウケて「マジ、ウケると思わん?」と訊いてきますが、「ウケん」で終わり。
自分でわざわざハードルを上げる必要はないのです。
「面白い話があってね」と言ってしまった時点で、すでに面白くない。
「え?何の話なんだろう…」と期待感を持たせる程度がいいのです。
自分で笑い出して話す人もいますが、あれも頂けません。

 

尻切れトンボ

話し始めるときには「面白い話をしよう」と意気込んでいますから、勢いはいいものです。
ウケると信じていますからね。
しかし相手のは顔色や様子を見ているうちに、だんだんと自信がなくなってきます。
オチの時にはすっかり自信が無くなって、小さな声になったり、オチの説明をしてみたり。
しょぼったり悪あがきばかりしてオチドコロを探っているうちに、ますますグダグダになってしまうのが常。
少々盛るぐらいはいいのですが、つくり話や明らかなウソまで入れたら最悪のNGです。
初めに勢い良くスタートしたなら、そのまま突き進むこと!
勢いで相手が笑ってしまうということもあるものです。
妙な雰囲気になるのだけは避けたいところです。

 

簡潔じゃない話

説明や詳細を盛り込みたくなる気持ちは分からないではありませんが、「どこが趣旨なのか。どこの部分だけが必要なのか」これを見極めておきましょう。
ムダに話が長くなると結局ダレてしまい、面白みをどこに感じていいの相手は分からなくなります。
また出発点と着地点が全く違う話も困ります。

 

例えば自分が富士急アイランドで絶叫優先権を5アトラクション買ったくせに、絶叫マシンが苦手だったことを後から思い出した、あらガッカリ!という話をしたいとします。

 

僕「このメンバーで先週、富士急いったんよ。」
女子「うんうん」
僕「先に予約しとくとすぐアトラクション乗れるっていうからね、買いに行ってもらってね」
女子「うんうん」
僕「5枚も買ったんやけどね」
女子「うんうん」
僕「乗る段になって気づいたんよ」
女子「なにを?」
僕「絶叫マシン、苦手なん。」
女子「え?」
僕「絶叫優待券やったんよ」
女子「え?????」

 

べつにウケる話とまではいきませんが、起承転結のテンポがよければ「聞ける話」です。
女子から「それでどうしたの?」と訊かれれば
僕「乗ったよぉ、5千円だもん、もったいないよぉ。」
女子「どうだった?」
僕「死ぬかと思ったよぉ。5千円のために心臓止まるかと思った。」
女子「それでそれで?」
僕「小さな女の子よりキャーキャー言ったよぉ。」

 

大したことがない話でも、相手は素直に笑えるものです。
それを「みんなで行くようになった経緯」から話し始めれば、とんでもなく長たらしい話になります。
昼飯はなに食べて、何時頃付いて、と延々に続けてごらんなさいよ。
そのあげくにオチがこの程度じゃ、疲れて笑えません。
組み立てひとつで展開が変わるということなのです。
「ダラダラ長くて趣旨が見えない話」「笑いどころがわからない話」は女子良くやりがちな失敗ですが、男子でもけっこうやります。。。
合コンで女子がこの手のダラダラ話をしているときは… 忍の一字でニコニコ聞いてあげよう!

 

>>「合コンで受ける話し方とは?」につづく

合コンで受ける話し方とは?|合コン.tv関連ページ

合コンですぐに使える話題のネタ
合コンで女子に受けの良い話題について。テレビ番組や好きな音楽といった話題のネタだけでなく、話し方のコツなども掲載中です。
合コンで出しては行けないNGな話題
合コンで避けておきたい話題について掲載中です。会話で女子を楽しませるためのアドバイスや注意点も載せています。
合コンで受けそうな話題のネタ一覧
合コンで会話で使えそうな話題を集めてみました。実際に使ってみての感想も掲載中。大事なのは話のネタよりも話し方ですよ。